1.  >
  2. ARアプリ >
  3. 3DスキャンができるARアプリ『Qlone』

3DスキャンができるARアプリ『Qlone』

qloneどんなアプリ?

小物サイズならスマホだけで3Dスキャンが出来る無料アプリです。
形はもちろん、色の再現度も高いので手軽にハイクオリティな3Dスキャンを体験できます。

↓公式サイト
【Qlone, the all in one tool for 3D Scanning】
https://www.qlone.pro/

 

体験してみた

qlone_1

 

まずアプリを起動して、「Qlone Mat」という専用マーカーを印刷する必要があります。(今回はA4サイズで印刷しました)

印刷が終わったら、専用マーカーの上にスキャンしたいモデルを置きます。
今回はウォークマンをスキャンしてみます。

アプリのカメラを起動し、ARで出てきた青いドームの中にモデルが収まるようにします。

 

qlone_2

(ちなみに、紙パックジュースを写してみたものの、印刷したA4サイズだとモデルが大きすぎて読み込めませんでした。)

qlone_3

 

さて、それからモデルを360度回転させてスキャンしていきます。
右上にある赤いボタンを押すとスキャン開始です!

青ドームで黄色くなっている場所が現在カメラの焦点が当たっている場所で、紙をぐるぐる回転させたりして全ての青い面を写していきます。

スキャンできたところは青面が無くなります。
そして画面の右下を見ると、スキャンされたモデルがどんどん形成されていくのが分かります。

専用マーカーが出来るだけカメラの中に収まるようにぐるぐる移動しながらスキャンしていきます。あともう少し!

 

さて、全てのスキャンが終わると以下の画像の画面に変わります。

\そして今回 3Dスキャンした結果がこちら!/

発色も綺麗にスキャンされています!

画面を指でドラッグして、スキャンしたモデルの360度を見ることができます。

(横から見るとちょっと面が浮き出ていますが・・)

 

裏面は大丈夫そうです!

 

最後は色の微調整をすることができます。
「Color Pick」があるので、モデルの裏面をしっかり色付けしたいときなどに表面の色をコピーして塗ったりできそうですね。

調整が終わったら、ギャラリーのページに保存されます。
新しくスキャンしたい場合は右下の「+」ボタン、ファイル書き出しがしたい場合などは、書き出したい画像をクリックすると操作できます。

ファイル書き出し形式は「GIF, OBJ STL, GLB, X3D, PLY, Video, Image」となっています。
そのうち無料なのは、「GIF, Video, Image」の3つです(2018/09/03現在)。

 

3Dファイルとして書き出したい場合は、以下の料金表から確認できます。
3Dスキャナーを持っていない私にとっては、1ファイル120円はかなりお得な気がします。

実際に試してみて、とても手軽に早くスキャンができたので、今後も3Dデータが必要な際は使い続けたいと思いました!

あとは専用マーカーをもっと大きく印刷すれば、どのくらいのサイズ感まで3Dスキャンできるのかも試してみたいです!

ダウンロード

【App StoreでのDLはこちらから!】
https://itunes.apple.com/jp/app/qlone-3d-scanning-solution/id1229460906?mt=8