1.  >
  2. ARアプリ >
  3. 塗り絵がARで動き出す!『Quiver – 3D Coloring App』体験レポ

塗り絵がARで動き出す!『Quiver – 3D Coloring App』体験レポ

どんなコンテンツ?

専用の塗り絵テンプレートに色を載せると、塗ったモンスターやキャラクター、乗り物などが3DになってARで楽しめるアプリです。

スマホを動かして色々な角度から見たり、塗り絵のコンテンツによって3Dキャラクターたちのそれぞれ違ったアクションを見たりすることもできます。


(画像は公式サイトより)

【AppStoreでのダウンロードはこちら!】
https://itunes.apple.com/jp/app/quiver-3d-coloring-app/id650645305?mt=8

【Google Playでのダウンロードはこちら!】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.puteko.colarmix&hl=ja

体験してみた

まずはアプリをインストールし、こちらの公式サイトから塗りたい絵を選んでテンプレートをダウンロードします(無料版/ 有料版があります)。
※またはアプリの中からでも印刷可能です。
http://www.quivervision.com/coloring-packs/

今回はパソコンで色つけをしましたが、色鉛筆やクレヨンなどで色を塗りたい場合はテンプレートを印刷してください。

では早速ですが、色ぬりした「ミニクーパー」テンプレートをお見せします!!サッと筆で描いたような模様と、「珈琲」の文字を刻んだデザインにしました。

色ぬりが終わったら、アプリを起動しましょう!

次に画面下部のロゴアイコンをタップしてください。

するとカメラが起動するので、先ほど塗ったイラストをかざしてみてください。

\ARで走る車はこちら!/

テンプレートがスマホやタブレット画面に収まるようにカメラを動かして、画面が青くなったら認識されている証拠です。

そのあとはARで3Dモデルが動きはじめます!
画面の右側にあるボタンをタップすると、車がドリフトしたり、車体を大きく傾けたりするアクションが楽しめますよ。

一通り遊んだら、塗り絵の画材を変えて様々な雰囲気の車を試してみたり、他の塗り絵テンプレートも体験してみてくださいね!

ダウンロード

【AppStoreでのダウンロードはこちら!】
https://itunes.apple.com/jp/app/quiver-3d-coloring-app/id650645305?mt=8

【Google Playでのダウンロードはこちら!】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.puteko.colarmix&hl=ja